知的財産

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 8 | 9 | 10 || Next»

2013-06-26

優先権制度の意義は 知的財産

Posted at 20:13:06 /

 このカテゴリの記事は久しぶりです。国内優先権 (パリ優先権も?) について、恥ずかしながら大いに誤解していたので思考整理のためにポスト。先日、職場の知財教育資料にしようと以下の問題を作りました。

 M氏は接着剤に関する発明xを行い、特許出願X (国内通常出願、優先権主張なし) を行った。出願Xの特許請求の範囲の請求項1及び明細書には以下のように記載した。

請求項1:樹脂Aを含む接着剤。
明細書 :(略) 樹脂AとしてはA1, A2, A3が好ましい。(略)

 その後の研究で、樹脂A1の中でも特にA1'なるグレードが好ましいことが分かった。A1'は出願Xの当初明細書等に記載されていないが、発明xを知った当業者が全く思いつかないほど特殊なグレードでもない。また出願Xに拒絶理由はなく、出願公開の請求も行わないものとする。

問1:「樹脂A1'を含む接着剤」(発明x'とする) は発明xに内包される (∴特許Xの権利範囲内) と思われるが、現状のまま放置しておくとどのようなおそれがあるか?

問2:M氏は発明x'について、どう特許出願するべきか?

 問いも答えも雑ですが知財の専門家向けじゃないので許してください (一番雑なのは発明者が個人で出願してることですかね…笑)。問1は「赤の他人に選択発明の特許を取られてM氏が自由実施できなくなるおそれがある」程度の解答を考えています。今回悩んだのは問2の方。現実的な対応として、

  1. 出願Xの出願日から1年以内なら発明x及び発明x'をクレームとして、出願Xを基礎とした国内優先権主張出願
  2. X出願後1年〜公開前なら (他人が出願してないことを祈りつつ) 発明x'をクレームして通常出願
  3. 出願X公開後なら発明x'をクレームにして通常出願しつつ (万一登録されないとも限らないため)、半ば諦めるべし

という答えを用意していました (砕けすぎなのは御勘弁)。ところが、解説を作っているうちに考え込んでしまいました。この場合において国内優先権主張をする意味は何だろう…?

[...続き]

2012-05-22

弁理士試験始まりました 知的財産

Posted at 20:50:00 /

 さる5月20日、平成24年度弁理士試験の筆記短答試験がありました。最終合格した後も復習を兼ねて、問題&解答公表後に自宅受験しています。今年も2時間弱 (※見直し無) かけてざっくり挑戦してみました。自己採点の結果は30点。ジャスト5割…現役なら余裕で落ちてます (←)。

[...続き]

2012-02-07

原材料購入先制限と独禁法と間接侵害 知的財産

Posted at 21:55:48 /

 タイトル適当だな…久しぶりに知財ネタです。ある日の夕方、上司に「うちの部材を使った構造体や製造方法の特許を取ってそれを他社にライセンスするとして、そのライセンス契約に『うちの製品を使うこと』という内容を盛り込むのは独占禁止法違反なの?」と訊かれました。そう言われるとそんな話を聞いたことあるような…。上司は更に畳みかけます。「もし独禁法違反なら今までの契約見直さなきゃいけなくなるし、メーカーが方法特許を取る意味もなくなるよね」…えっ!?

 という訳で慌てて調べてみました。気になったのは以下の2点。

  1. 特許権のライセンス契約において「部品を特許権者 (=ライセンサー) から調達すること」の約定を盛り込むことは独禁法に違反するか。
  2. 上記1の約定がある場合において、ライセンシーが部品を特許権者以外の第三者から調達した。当該第三者に対して特許法第101条第2号/第5号の間接侵害を問えるか。但しライセンサーは部品自体の特許権を保有せず、該部品はいわゆる「中性品」の条件を満たすものとする。

 実は今回も具体的な競合がいて、そこから資材調達されたら嫌だなーという話なのです。

[...続き]

2011-10-14

IPDLがちょっと便利に 知的財産

Posted at 12:39:00 /

 特許電子図書館 (IPDL) の全文PDFダウンロードが少し親切になっていました。気づいたら Captcha の音声読み上げ機能がついていた! よく見ると IPDL は昨日付で全体的に機能変更があったようで、詳細は リリースノート (PDF 注意)にまとめられていました。アクセシビリティ以外にも細かく改良されていますね。

 秘匿性が高くなく大掛かりでもない調査や、ちょっと公報読みたい時などは IPDL を活用しています。「愛用」に近いですね…有料DBと違ってログインもいらないし (笑)。数年内には移管される (と聞いた記憶のある) IPDL ですが、これからも公共サービスとしての利便性を高めていってほしいと思います。

2010-12-09

実務修習のテキストが届いた 知的財産

Posted at 21:21:40 /

 Twitterには先に写真上げたのですが…。届いた瞬間に笑うしかなかったこの冊数!! 各回1冊ずつ (e-ラーニング資料は更に別にプリント有り) らしいです。

テキスト

[...続き]

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 8 | 9 | 10 || Next»

カレンダー

«   2017-05   »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

» Archive List

最新記事

カテゴリ一覧

最新コメント

【Mパターン研究所】S0508 エスカルゴロ..
ジェフリーキャンベルのブーツ修理
今度は蕁麻疹